早急な現状改善が求められる

医療・福祉業界の現状はとても厳しい曲面にあります。それは高齢化社会に伴う施設や人材不足により、十分な医療と介護を提供できない現状のためです。
つまり、需要と供給のバランスが明らかに崩れており、供給量を増やさなければ、この先もっと適正な介護を受けれない高齢者があぶれでてしまう事になりかねません。

それを回避するためには、まず介護施設を増やし、受け入れ口を増やす必要があります。しかし、施設を増やすには多額の費用や時間が掛かってしまうので、あまり現実的ではありません。そこで、都市部の介護施設不足を解消するために提案されているのが、地方への移住推進です。都心部に比べれば、地方の施設受入量にはまだ余裕があるため、都心部の高齢者を地方へ分散させることで、都心部と地方の施設入居率のバランスを上手く保ち、介護の負担を減らす効果を狙っているのです。
また、人材不足に関する問題については、若者の人材雇用を増やす事で解決しようとしています。しかし、医療・福祉業界はキツイイメージがついてしまっているため、イメージを払拭し応募者が増えるような環境改善が急務といえるでしょう。
ハードワークでキツい割にあまり年収も高くならない、というマイナスイメージを払拭できれば、イメージの向上を図る事が可能になるのではないでしょうか。具体的には、介護の仕事は感謝される事がやりがいに繋がり、将来自分の家族を介護する時のノウハウも学べる、などです。
医療・福祉業界が一丸となってこれらの課題解決に取り組み、介護施設の増加、若者の応募数の増加が実現できれば、人材不足による諸問題も解決へと進み、将来の日本にとって良い結果を生み出すのではないでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Powered by WordPress. Designed by Försäkra Online.