やりがいを感じられる

団塊の世代が後期高齢者になり超高齢化社会を迎えると言われる2025年問題。今後、ますます医療・福祉の分野の需要が高まると考えられ、仕事の求人も増加すると思われます。しかし、現在でもこの分野の人材不足は深刻で、政府としても待遇や給与の改善を検討しているのが現状です。

医療関係の仕事といえば、医師や看護師、薬剤師などがあげられます。また、管理栄養士や医療事務なども医療系の仕事に入るでしょう。人の命に関わる仕事のため、医療系の資格の多くは大学や専門学校などで専門知識を学び、国家資格などの資格試験に合格する必要があります。
医療系の仕事のやりがいは、病気やケガを患者とともに克服した時の達成感や充実感が得られた時や、患者に感謝を伝えられた時などに感じる場合が多いです。
医師であっても、自分一人で治療が出来るわけではなく、患者や看護師、医療事務など多くのスタッフに支えられてはじめて良い仕事ができるものです。そのため職場のコミュニケーションが上手くいっている時にやりがいを感じる人も多いのではないでしょうか。

福祉系の仕事としては介護ヘルパーや介護福祉士、特別支援学校教諭などがあげられます。福祉系の仕事の人手不足は深刻で、2013年にはホームヘルパー2級が廃止され、介護職員初任者研修に変わるなど福祉現場の改革が進められています。介護や福祉は人と直に触れ合うことが多い仕事のため、相手の感謝する思いもストレートに伝わりやすいものです。このことから、医療・福祉の仕事の中でも、福祉系の仕事はやりがいを感じる人が多いと思われます。
医療・福祉の仕事は人と人とをつなぐ仕事であり、感謝の言葉や人の役に立てたという充実感がやりがいにつながると言えるのでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Powered by WordPress. Designed by Försäkra Online.